弥満丈製陶所欅窯(やまじょうせいとうしょ けやきがま)様の「ふた付きかめ」

弥満丈製陶所欅窯(やまじょうせいとうしょ けやきがま)様の「ふた付きかめ」

からだにいいものといえば、発酵食品。

梅干し、漬物、甘酒、納豆、味噌、ヨーグルトなど、さまざまな発酵食品がありますね。今日は、そういった梅干しや漬物などの発酵食品やほかにもいろいろなものをしっかり保存してくれる「弥満丈(やまじょう)製陶所欅窯(けやきがま)」様の「ふた付きかめ」をご紹介いたします。

1616年の開窯以来、400年続く老舗の製陶所「弥満丈製陶所欅窯」の加藤さんが一人で手掛ける、陶器の産地として有名な岐阜県多治見市高田の土を使用した甕(かめ)。

釉薬を使わないで、高田の珪藻土を使用しているので、表面はサラサラした質感になっています。

また、高田の珪藻土を使用しているため、水が腐りにくく、酸味を抑えてくれるので、梅干しや漬物、味噌の保存にお使いいただけます。

まるまるとした取っ手と縁がきゅっとすぼまった本体のデザインが可愛らしい甕(かめ)です。

 

■高田の珪藻土

高田で採れる珪藻土には、調湿効果や保湿効果だけでなく、マイナスイオンの放出や、アクアマリンや麦飯石と同率の遠赤外線効果を持つといった特徴があります。

さらには、消臭や抗菌効果、抗酸化作用に優れた酸化チタンが含まれているため、中に入れた水を浄化して美味しくする性質があると言われています。

地域の土の特性を知り尽くした、プロならではの技術と素材が組み合わさったふた付きかめです。

サイズは豊富な6種類。1合、2合、3合、6合、8合、1.2升がございます。

1〜3合は、一人暮らしの方にはもちろん、ご飯に漬物が欠かせないという方にもおすすめです。長期保存用の容器としてだけではなく、ふたを外してそのまま食卓にちょこんと出してもなじんでくれる器です。

6合、8合、1.2升は、梅干しや漬物、味噌の保存用としてだけではなく、ご自宅でぬか漬けをされる方におすすめです。

 

▪️のレン嵐山店スタッフの「わが家ではこのように使ってみました!」

【弥満丈欅窯ふた付かめ(3合)白・山本さん】

「にんにくオイルの保存に使用」

にんにくに含まれるアリシンは、疲労回復、風邪予防、美肌、殺菌作用、抗ウィルス作用、血圧低下、冷え性改善などすぐれた効果が知られています。

にんにくを湯煎してつくるオイルには、コレステロール低下、ボケ予防、血液サラサラ、疲労・ストレス回復、ガン予防、記憶力アップ、免疫力強化など、さらに強力なパワーがあるそうで、我が家では、サラダやお魚お肉はもちろんですが、お味噌汁にも小さじ一杯いれていただいています。

《にんにくオイルの作り方》

  • にんにくオイルは、刻んだニンニクにオリーブオイルを加え、60~80度になるよう湯煎して作ります。
  • 沸騰させないように気をつけます。温度が大切になります。
  • 湯煎後そのまま冷まして濾してから保存します。

いつもは蓋つきガラス容器にいれていますが、今回は弥満丈欅窯3号かめに入れて保存してみました。                         

【弥満丈欅窯ふた付かめ(1.2升)白・清原店長】

  • 毎朝お白湯(一度沸騰させた水道水)を飲むのですが、もしかして、そのお白湯をかめで保存した場合に、美味しくまろやかな味になるのではないかと、進行中です。
  • 昆布と塩でお漬物を漬けいます。

 

400年続く老舗の職人技が光る逸品、陶器の「ふた付きかめ」。

食卓で使っていただくと、毎日の暮らしに豊かさを添えてくれます。お祝いや記念日、特別な日の贈り物にも大変おすすめです。

 

 


関連記事

  • 食材にも包丁にもやさしい「いちょうの木のまな板」
    食材にも包丁にもやさしい「いちょうの木のまな板」

    のレン神楽坂店スタッフです。本格的な冬支度を前に急に冷え込み、一気に冬の訪れを感じる気温となりました。夕飯に、家族や友人とあったかいお鍋を囲んで食事を楽しむ方も多いのではないでしょうか?きっと銀杏の葉が真っ黄色に色づくのも、もう直ぐで...

  • 日常を彩る「てぬぐい」のある暮らし
    日常を彩る「てぬぐい」のある暮らし

    手ぬぐいのある暮らし 昔から人々の生活の必需品として親しまれてきた手ぬぐい。 みなさんに、手ぬぐいの魅力について伺ってみると「多目的に使えるところ」という声が多く聞こえます。これまで生地として使われてきた手ぬぐいは、現代では生活のスタ...

  • もっと、気楽に使える漆器を
    もっと、気楽に使える漆器を

    のレン神楽坂店スタッフです。 温かいお味噌汁が美味しく身に染みる季節の到来を前に、 もっと、気楽に使える漆器のお椀をご紹介いたします。 漆器を扱う際に気になるのは「傷」や「剥げやすさ」ではないでしょうか。「キズが付くのが怖いなら最初...

キーワード

豊かな暮らしの道具店

のレンとは

当店のレンは、暖簾(のれん)を潜ってもらい、お客様にまだ知られていない日本の奥深い暮らしの考え方や工夫、魅力を伝えたいという想いで誕生しました。

永く愛されるもの、古きを温めて現代の生活を取り入れたくなるもの、自然素材のもの、生産者さま・作り手さまの温もりが感じられるもの、などを品揃えして、節目ごとにふと立ち寄りたくなるようなお店を目指し、丁寧により豊かに過ごすことができるようにと皆様をお待ちしております。