出汁をベースに。心も体もおいしい「一汁一菜ごはん」

出汁をベースに。心も体もおいしい「一汁一菜ごはん」

のレン神楽坂店スタッフです。
本日は、実店舗でもご提案している「一汁一菜ごはん」におすすめの道具や食材をご紹介いたします。

無理なく、自然に、心地よく。

日本人の主食である「ご飯」に伝統的な発酵食品の味噌を溶いた具沢山の「味噌汁」、発酵して旨味を増す作り置きおかず「漬物」。一汁一菜でも、旬の食材をバランス良く取り入れることで、 必要な栄養が補えます。お気に入りの器を選んで、盛りつけて。こころも、からだも、おいしい食事を!
(画像をクリックで特集ページへ)

一汁一菜

土鍋で炊くふっくらごはん

炊き立てふっくらごはんで幸せ気分。使う人にやさしく、美味しいご飯が炊けるたいせい窯の「ごはん鍋」。上蓋には吹きこぼれ防止と炊き上がりのサインを出してくれる蒸気穴付きで、初めて土鍋でごはんを炊く方にも安心。炊き上がった後は、穴のない中蓋でしっかり蒸気を閉じ込めて蒸らしてくれます。遠赤外線効果で熱をじんわりと全体に加えてお米の旨味が最大限引き出します。耐熱陶器で出来ているので、ガスコンロはもちろんオーブン・レンジでも使用でき食洗機にも対応。
(画像をクリックで「たいせい窯」の商品一覧ページへ)

一汁一菜

美味しいお味噌汁は出汁から

腸の冷えは不調のもと。発酵食品である味噌を使った具沢山の味噌汁で内側からしっかりと温め、巡りの良い体を作りましょう。美味しいお味噌汁を作るなら、伏高の「枯節の削節」「日高昆布」を使ったお出汁で。大正7年から続く伏高さんは、「まがい物ではない食材を味わっていただきたい」という思いから、「真っ当な食材」と納得できるものだけを選び集めています。一手間かけてとった出汁があれば、お味噌汁は、ぐんと美味しくなります。
(画像をクリックで「伏高」の商品一覧ページへ)

一汁一菜

自家製のぬか漬けをおうちで気軽に

山口こうじ店「荏胡麻ぬか床」は、搾油後の荏胡麻の種実をアップサイクルしたぬか床。荏胡麻の種子油でまろやかでコクのあるぬか床が楽しめます。袋のまま簡単にぬか漬けが作れて独特のにおいも少ないので、おうちで気軽にぬか漬け生活を始めたい方にぴったりです。乳酸菌が棲みつきやすく、荏胡麻のぬか床と相性抜群の「ぬか床用杉箱」は、水分をコントロールしてくれてお手入れも簡単。

素材と道具にこだわった「一汁一菜ごはん」で、心と体を整えて毎日を健康的に過ごしませんか?
(画像をクリックで「ぬか漬けの道具」の商品一覧ページへ)

一汁一菜

関連記事

  • こだわりの保存容器で暮らしを豊かに「セラーメイト密封びん・ワンプッシュ便利瓶」
    こだわりの保存容器で暮らしを豊かに「セラーメイト密封びん・ワンプッシュ便利瓶」

    のレン神楽坂店スタッフです。キッチン周りが散らかって、料理する気分がわかないことはありませんか?本日は、保存容器を揃えてキッチンの景色も美しく、お料理の楽しさもアップすること間違いなしのセラーメイトさんのガラス密封びん・ワンプッシュ便...

  • 食材にも包丁にもやさしい「いちょうの木のまな板」
    食材にも包丁にもやさしい「いちょうの木のまな板」

    のレン神楽坂店スタッフです。本格的な冬支度を前に急に冷え込み、一気に冬の訪れを感じる気温となりました。夕飯に、家族や友人とあったかいお鍋を囲んで食事を楽しむ方も多いのではないでしょうか?きっと銀杏の葉が真っ黄色に色づくのも、もう直ぐで...

  • 日常を彩る「てぬぐい」のある暮らし
    日常を彩る「てぬぐい」のある暮らし

    手ぬぐいのある暮らし 昔から人々の生活の必需品として親しまれてきた手ぬぐい。 みなさんに、手ぬぐいの魅力について伺ってみると「多目的に使えるところ」という声が多く聞こえます。これまで生地として使われてきた手ぬぐいは、現代では生活のスタ...

豊かな暮らしの道具店

のレンとは

当店のレンは、暖簾(のれん)を潜ってもらい、お客様にまだ知られていない日本の奥深い暮らしの考え方や工夫、魅力を伝えたいという想いで誕生しました。

永く愛されるもの、古きを温めて現代の生活を取り入れたくなるもの、自然素材のもの、生産者さま・作り手さまの温もりが感じられるもの、などを品揃えして、節目ごとにふと立ち寄りたくなるようなお店を目指し、丁寧により豊かに過ごすことができるようにと皆様をお待ちしております。